RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
上高地小梨平でキャンプ
8月6日、7日の二日間、上高地の小梨平でキャンプしてきました。
7月の始め頃、キャンプ仲間からのお誘いで、40代、50代、60代(私)の男三人が上高地でキャンプをすることになりました。
計画の中心人物は50代の男です。
私自身は上高地には数回行ったことはあるもののテント泊は初めての経験です。
以前には行ったことのない明神池までのミニトレッキングも計画してましたのでとっても楽しみです。

当日の予定は、金曜日の夜車中泊で沢渡駐車場に泊まり、翌日朝早くにバスで大正池まで。
大正池から上高地小梨平までザックをしょって徒歩で行き午前中から設営。
午後からトレッキングで明神池を回ってきて、夜の食事にステーキを焼いて食う。
(場合によっては徳沢まで行くこともありかも。)
翌朝は日の出の時間帯に起きてその辺の景色を愛でて、朝食、そのごゆっくり撤収。
という極々ゆったりした予定でした。

ところが前日までの天気予報は、土曜日は曇り時々雨、翌日は晴れとのことで、多少の躊躇はあったものの計画の変更は織り込み済みとして出発となりました。


早朝のバス停で、まるで3泊くらいしてきそうな勢いです。


大正池は霞の中。幻想的な風景です。


小梨平キャンプ場はロッジやバンガローもあるのですが、その外れまで散歩していったら猿の群れにあいました。
先週も猿に遭遇しましたが、今年は猿に縁のある年なんでしょうか?


梓川にそそぐ小川の流れの綺麗なこと。水底の水草がはっきり見えます。


土曜日は午前中ガスがかかったような状態でした。
午後からは雨が降ってきてやることのない男達はテントの中に入ってお昼寝です。
それでも夕方には雨もやんで、屋外での食事ができました。
これぞ外食です。


翌早朝のテント村風景です。
我々のテントはこの写真の奥の方で霞の中にわずかに見えてます。



朝の霞もすっかり消えて焼岳がくっきりと見えてます。


早めの朝食を摂り、明神池に向かって歩き出しました。
朝日が木漏れ日となって降り注ぎます。


深い緑に癒されます。


朝霧のしずくがついた蜘蛛の巣を逆光で撮影。


空の青、木々の緑、深呼吸しました。


明神橋から見た明神岳。


でっぱ隊長、エイヤと撮ります。


拝観料300円也を払って、まだ朝靄の残る明神池の周りを散策。


明神池から見る明神岳の風景は箱庭のようです。


明神池の入り口にある嘉門次小屋。
ここでしばし休憩。


ここの名物らしいイワナの塩焼きは900円也。
うまいか不味いか、高いか安いかは食べてみないとわからない。


川面にかかる緑の葉のツヤツヤしたこと。


帰りのコースから見た焼岳。


河童橋の袂まで戻ってきたら岳沢の絵を描いている人がいました。
この絵は売り物?

今回歩いたコースは下のサイトの地図でご覧ください。
http://runkeeper.com/user/stone0341/activity/46572417



蛇足でもう一枚、焼岳。
夏雲がモクモクと出てきました。

上高地は何度行っても良いですね。
あの清涼な空気感。
梓川の流れの冷たいこと。
コントラストのはっきりした太陽の光。
そして霧が出たときの幻想的なたたずまい。

今度はもう少し奥へ入ってみたい。
でっぱ隊長、また兄、ありがとう。
| キャンプ/焚き火 | 09:49 | comments(0) | - | - | - |
Wild Fields おじか キャンプ場
7月30日から3泊で、那須塩原のWildFieldsおじかに行ってきました。
名前の通りとても野性味あふれるキャンプ場でした。



初日、場内を散歩中に娘の指に止まるほどトンボがたくさん飛んでました。
4日間ともずっと曇り空で気温は低く過ごし安かったです。
最低気温15℃、最高気温は22〜23℃くらいだったでしょうか。



キャンプ場の横をおじか川という渓流が流れてます。
イワナを釣るには入漁料も必要だそうですので釣り好きなひとにはたまらないかもしれません。
川のそばと言うことで大雨の時が気になるかもしれませんが、川面はキャンプサイトから大分下にあって川があふれてキャンプサイトが水浸しになることはなさそうです。



3日目は、トレッキングコースに行ってみました。
熊よけの鈴が必須とのことを管理人さんから聞いていましたので、一人が持参した熊鈴をザックにつけてチリンチリンと鳴らしながらほんのちょっと行ってみました。
まだ奥がありましたが、今回は小手慣らしということでちょっとにおいを嗅いで来た程度です。



新緑の紅葉も綺麗ですね。
こいつが紅葉したところにまた来たくなりました。


紅藤橋(くどうばし)の近くで猿に遭遇しました。
30m以上離れていたので、危険は感じなかったですが、この写真の前にはこちらを向いて威嚇行動を取ってました。


深い緑に癒されます。



綺麗なアゲハ蝶です。



道ばたで蛇も発見。
小さな蛇で、頭の形も三角ではなかったので危険なマムシではないと思いますが、何という蛇でしょうか。



これはタテハ蝶でしょうね。


初日はNo.5番サイトでしたが、翌日テントサイトNo.7があいたので、移動しました。
池側から見たところです。
森を背にして池に面したテラス状のサイトで正面には灌木が植えてあって管理棟からは目隠しになってました。
初日2組、二日目以降は我々だけの貸し切り状態でした。


入り口から見たところです。


ここのロッジは皆タイプが違っていて、とても面白い作りになっています。
このロッジはロンコテと呼ばれているフィンランド風のロッジです。


こちらは柏荘という名がついてましたが、サウナ付きのロッジです。

帰りには塩原温泉に立ち寄って温泉を楽しんで来ました。
ちゃんとした温泉旅館の日帰り入浴が500円というのはとても良心的なお値段です。

3泊4日のキャンプ旅の顛末でした。
| キャンプ/焚き火 | 18:00 | comments(0) | - | - | - |
DLNAサーバー
9月末頃に、エコポイントを効かせて液晶テレビを購入したのですが、最近になって取説を良く読んでみたらDLNAサーバー対応という項目を見つけました。

どうやら、テレビ画面で*.jpgの静止画像が見られるらしい。
ちょっと検索してみると、TVersityというフリーソフトがありました。
こいつをPCに入れておくと、PCをDLNAサーバーにしてくれて、LAN接続されたPCの画像をTV画面で大きく見ることができそうです。

テレビがクライアントで、PCがサーバーになる訳で、そのためのソフトがフリー=ロハ=只 なら、出費はかかりません。
早速手近なPCにダウンロードしてインストールしてみました。

日本語ソフトではありませんが、奇特なサイトの記述を参考に何とか設定しました。
早速、テレビの入力を、ローカルネットワークに切り替えて試して見ましたが、どうもうまくいきません。
PCのフォルダはテレビに表示されるのですが、絵が出てきません。

あらためて、あちこちのサイトを覗いてみると、東芝のREGZAが非対応、とかSONYのBRAVIAが非対応とかって記述が出てきます。
うちのはシャープのAQUOS、でもこれに関する記述は出てきません。
PS3はクライアントとして対応しているらしいことはわかりましたが、我が家には有りません。
どうやらシャープのテレビがTVersityに対応していないものと判断しました。

さてどうするか。
あちこちサイトを検索したり、ソフトの設定をいじったりしているうちに、どうしても写真をテレビで見たくなってしまいました。

これも検索で探して、良さそうなDLNA-サーバーの載ったNASをポチッ。
BUFFALOのLS-1.0TLです。
なんと1テラバイトのHDDを使ったNASです。

今日届いたので、試しに、いくつかの写真ファイルをコピーしてテレビに映してみました。
さすがにちゃんとしたメーカの作った物はしっかり動きます。
ノートPCの画面で見るのとテレビ画面でみるのとは大違いです。

今は、1998年頃から撮りためたデジタル写真をすべてコピーしてしまいました。
でも、今度はテレビのブラウザの反応が悪くあまり使い心地がよく有りません。
〜〜ん、今度はメディアプレイヤーが欲しくなってきました。
これって沼??

ただより高い物はない。←おち
| つれづれ | 18:46 | comments(0) | - | - | - |
芦ノ湖周遊
昨日は芦ノ湖を車でめぐってきました。
飛び石連休の前半、私は「還暦OB会」があり、女房は○○がありで予定が立たず、最後のお休みの前日になって、はとバスではどうかとか、ロマンスカーでとか、いろいろ探したけど、前日に持ち上がった計画ではいかんともしがたく、やっぱり車でとなった次第。

まだ暗いうちに東京を発ったので渋滞もなく芦ノ湖に到着、ナビに打ち込んだ「恩賜公園」はまだ開いておらず、近くの湖畔に駐車場を探しました。
車を留めたところから正面になんと白雪の富士が見えます。
しかも手前右側にしつらえたような赤い鳥居が...どこかで見かけた風景です。
さっそく、カメラを構えました。
鳥居富士
富士山に雲がなく、赤い鳥居に日が射してGoodです。
どうやら、一番良いタイミングで到着したみたいです。


ちょっと高い所に行ってみようと車を走らせ、湖の反対側の芦ノ湖スカイラインにまわり、三国峠にむかいます。
富士
ここでも快晴の富士山です。
手前、愛鷹山の先には駿河湾、伊豆半島が一望です。

昨日心配していた天気の方は、寒いながらも風がなく、快晴!!


ここまでは紅葉の方はまだ少し早く緑の多い山々でしたが、それでも紅葉を探しに次の目的地、「箱根安らぎのもり」に向かいます。
紅葉
入り口で迎えてくれた、見事な紅葉です。
空も青く澄んで最高でした。


紅葉2
森の小径を歩いていて見つけたひとひらの紅葉です。


アウトドア
家からポットに入れて持ってきたお気に入りのモカをSPのマグで頂きました。
ちょっとだけアウトドアの気分です。


山のホテル
お昼は、小田急「山のホテル」でランチ、松茸づくしを頂きました。
ここは元箱根からちょっと桃源台の方に回ったところで、昔はどなたかの別荘だったそうです。
戦後まもなく、開業当時の宿泊代は今の初任給程度だそうですから、超上流階級の人達向けだったんでしょうね。
昨日はハトバスの団体さんで賑わってました。


紅葉3
職員用駐車場にあった紅葉をパチリ


仙石原
帰り道の仙石原でススキの原を堪能
こんなススキだけの野原に観光客がいっぱいです。
臨時駐車場は満員御礼で入るのが大変でしたが、時期は今しかありません。
車を留めて歩いて5分くらい、ススキの原に入る頃には雲が流れて日がさして来ました。
ここでもGoodTiming!!

帰りの東名高速は多少渋滞しましたが、8時頃には帰り着きました。
秋の一日、楽しい紅葉狩りになりました。
| つれづれ | 17:05 | comments(2) | - | - | - |
秋の駒出池
今年の9月は、秋のGWと言われるほどの長い連休があります。
高速道路の休日1000円も定着し、渋滞も予想されましたがしっかり2泊で行ってきました。
場所は5月にも行った駒出池です。
今回は、息子家族もバンガローに泊まって参加です。

サイト風景
今回はオートサイトでした。
傾斜はありましたが面積はとても広くて車2台を入れて大型シェルテントと大型タープをのびのび展開できる広さです。

孫
先に着いてテントを張って一息ついている所に孫達が到着です。
「おじーちゃーん」と遠くから我々を見つけて走ってくる孫を抱き上げ、生きてて良かったハートと思う一瞬です。

お酒
やがて息子と地酒を酌み交わし、夜は更けていきます。

9月とはいえ標高は1000mを越える高地です。
二晩とも夜はかなり冷えました。
我々は、野外での食事には慣れているのですが、息子の嫁さんは初めての経験なので、事前に暖かい衣類を用意してくるように伝えてはおいたものの、準備不足で寒がってました。
こちらで余分に持っていた毛布やフリースを着込んでの夜の食事となったのですが、暖かい食事も直ぐにさめてしまって、子ども達は戸惑っている様子でした。
でも、これも良い経験です。

サイト2
三日めの撤収後のサイト風景です。
普通のサイトの3つ分くらいありそうです。
ここは頼む時にサイトの指定は出来ないので、とてもラッキーでした。

今回の写真は家内のコンデジ一本です。
撮影は末娘がパシパシやってました。
運転も長女が半分やってくれたのですっかり楽ができました。

2009年9月19日〜21日


| キャンプ/焚き火 | 11:23 | comments(0) | - | - | - |