RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
有楽町、読売ホール(3/11)
日曜日は、女房とお約束のデート。
「有楽町で会いましょう」である(笑)

読売ホールで落語を聞いてきた。
6代目「柳家小さん」って知ってます?
5代目はあの丸っこい顔の「小さん」師匠ですがちょっと前に亡くなっていてその息子が跡目をついで6代目だそうです。

落語ってーと、話の始めにその日の御題と関係あるんだかないんだかわからないような話題から入っていって...というのが筋ってーもんですが、
この日は、その6代目を聴衆がよくわかっていないということから話を起こして来ました。

落語家の話を書き込むのは恐縮で、精密さを欠くのはご勘弁頂いてその筋立てをちょっとご紹介すると、

5代目の「小さん」は、永谷園のCMでもおなじみ云々....
そこへ行くってーと今の「小さん」が出てくると、まずステージ横の名前を書いた紙(何とかと言ってました)を見て、次に本人の顔をみて、おもむろに手に持ったプログラムに目を落とす、また、横の紙、顔、プログラムと3角形に顔を動かすんですね〜

なんてちょっと自虐的に話し始めたのに聴衆はおお笑いするという筋立てでした。
この6代目、5代目の息子なんだそうです。
ホントに知らなかった〜

本題は時節柄、「長屋の花見」で春の花見のくまさん、八さんの毎度ばかばかしいお話で笑いました。

5月は、桂文珍です。
| ライブ | 17:54 | comments(2) | - | - | - |
綾土智恵コンサート
綾土智恵のコンサートに行ってきた。
場所は渋谷オーチャードホール。
以前、羽田健太郎のコンサートでも来たことがある。
ハネケンのトークも楽しかったが、綾土智恵の場合は大げさに言うと、半分くらいシャベリで、半分くらいが演奏といった趣だったです。
途中休憩なしでアンコールが3曲くらい。

お話しはおもしろくて笑わせてくれたし、サイン会(当日、特別アルバムを買った人だけ)も一生懸命で、ありがとうって感じです。
でももっと聞きたかったな、という印象を持ちました。
| ライブ | 13:57 | comments(2) | - | - | - |
ライブコンサート
昨日は渋谷NHKホールで、チューリップを聴いてきました。
家内と二人で、立ちのりでした。!(^^)!
だって前がみえないんだもん(爆)

彼らが旬だった頃は、FM東京をBGMで聴いていた程度だったので、コンサートは初めて、CDだって持っていないのですが、家内が聴きに行こうと言うので、デートしてきました。
客層は、40代が主体かな、50代もちらほら、女性が多かったですね。

第1部は穏やかに和やかに聴いていたのが2部からアンコールにかけて、前の女性達が曲ごとに立ち上がって声援?を送り出した頃は隙間から舞台が見えていたのが、しまいには、大きな男性も立ってしまって全く見えずです。
まぁこうなったら恥ずかしながら「自分たちも」と立ち上がってみんなと一緒。
楽しかったです。(^_^)v

前半に彼らが使っていた楽器は、ベースがバイオリン型のエレベ、
財津君がリッケンバーカーのギター、
阿部君が、ボディにfマークの切り込みの入ったセミアコ(これもリッケンバーカー?)でした。
これってビートルズが使っていた楽器のラインナップじゃない!
これも懐かしかった〜

気持ちのよいサウンドに酔いしれた一夜でした。
ではでは
| ライブ | 08:21 | comments(0) | - | - | - |
コンサートに行ってきた
一昨日、夫婦でダ・カーポのコンサートに行ってきた。
透き通った高い声の広子さん、低音で幅の広い音域でその高い声を包み込むように歌い上げるまさとしさん。
たしか「結婚するって本当ですか?」がデビュー曲だったと思う。
しばし、さわやかな歌声とゆったりとしたトークに酔いしれてきた。
最近はやりの癒し系とでも言うんだろうか。

そんないつも幸せいっぱいにみえる二人にも人生の試練とも言うべきものがあったとそのトークのなかで聞いた。

10年ほど前に彼女は変形性股関節症という名の、股関節が壊れて、しまいには歩けなくなってしまう、進行性の病気にかかってしまったと言うのである。
そのため、両足の股関節を削って別の部位の骨を移植する手術をしたというのだ。闘病とリハビリに半年、彼女も大変な思いをしたと思うが、家族も大変だったろうと思う。
今はすっかり元気になってステージ所狭しと踊っている彼女を見ていると、苦しみを乗り越えたからこその今があるという一種オーラのようなものを感じたのは私ひとりではなかったと思う。

彼らも今年で結婚25周年で銀婚式、私達も再来年が満25年、世に言う団塊の世代である。
同じ世代同志でまだまだ、がんばろうやと声をかけたくなった。

アンコールは、「野に咲く花のように」のステージ、客席一緒の大合唱だった。
http://business1.plala.or.jp/dacapo/
| ライブ | 16:32 | comments(9) | - | - | - |