RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
<< CSCオフ会 | main | 初雪で初滑り >>
いも煮会
いも煮は東北地方の秋の風物詩にもなっている屋外料理です。
東北地方のスーパではこの季節、材料を買うと、鍋や道具を貸し出してくれるそうです。

レシピは簡単
さといもと牛肉と長ネギにこんにゃく、味付けは醤油と日本酒と砂糖少々
(牛肉よりもさくら肉という人もいる)

いたってシンプルな料理だが、屋外で豪快に火を炊いて大鍋でぐつぐつ煮て食べるとこれほど美味な物はないという気になります。

東北地方では河原などでやることが多いのですが、近くを流れる多摩川では火をたくことを禁止しているので出来ません。
10年くらい昔はもう少しおおらかだったんですけどね。
ホームレスが多いので区別ができないのかもしれません。
以前はできたデイキャンプやBBQの場所も「火を使うな」と大書してあって、気の弱いわれわれはとても出来る雰囲気ではなくなりました。

河原で出来ないからって言ってても仕方がないので昨日の日曜日に、野川公園でやることにしました。
今回は、いも煮会のレポートです。
天気も悪かったせいもありカメラを持参した人がいなかったので文字のみのレポートです。(すんません)

集まったのは、5人のおじさん達、この人達は飲むことと食べることが好き!

本格的キャンパを自他ともに認めるHさん(まだキャンプでご一緒したことはない)
渓流釣りの好きなYさん(福島の檜枝岐がホームグランドらしい)
昔ワンゲル部にいて、ファミリキャンプもやっていたFさん
いつもは野川公園でテニスをしているAさん
と私。

みなさん50才代後半の人生経験豊富なおじさん達ですが、いも煮は初めてです。
いも煮の材料は私がそろえましたが、他にはHさんが、キビナゴやくさやの干物、薩摩揚げに奥さんの手作り餃子などなど、

お酒はIさんから1升瓶の差し入れを頂き、Aさん、Fさんはそれぞれワインを持参
それにビールや日本酒などを買いたして、もうすごい量、
正常な頭ならこんなことないはずなんだけど、みんなどうかしてます(*_*)
その他にも私が用意した串付きフランクとか鍋のあとの「うどん」とかも用意してあったのですが...
そうそう、Yさんは季節外れに薪を入手すべく奮闘してもらったのですが、用意出来ず、自宅にあったパレット廃材をもって来てくれました。

そんなこんなで、ワイワイと肉を炒めたり煮たりしている間にキビナゴやらさつま揚げを頂いてビールがあき、ワインがあき、お酒が開きで、いも煮会の始まりです。


【いも煮のレシピ】

牛肉(切り落とし)は最初にさっと炒めて下味をつけます。
(すき焼きの要領ですね)
醤油と日本酒に砂糖少々
(今回はFさんの好みで砂糖が少し勝ってたかな)

さっと炒めた肉を取り出したら、鍋を洗わずに水をいれ、薯を入れます。
(薯は皮をむいてちょっと大きめに切っておきます。)
そこから強火で、沸騰するまで。
沸騰したら、こんにゃくを一口大に手でちぎっていれます。
(火加減をいじるので多少手が黒くなっていても気にしないでいいです)

こんにゃくが煮えてアクがでたらお玉ですくい取ってください。

薯が煮えたらさっきの肉をいれます。
時間をおかずに醤油をかけ回し(肉に下味がついているので濃すぎないように)ます。
お酒も適当な量を入れます。
(飲む方が好きな人は自分の飲む分を忘れず残しておきます。)
味を見て甘みが足りなければ、好みで少しお砂糖を入れます。
そうそう、料理酒は塩が2%程入っていてしょっぱくなるのでくれぐれも料理酒は使わないで日本酒のみでやってください。

味付けはアバウトですので、お好きなように!!
おいしくなるように味付けをします。(^_^)

味付け途中か終わったら斜め切りしたネギを入れます。
(ネギも味のひとつ)

好きな人はシメジやマイタケなどのキノコ類を入れても可
(これローカル・ルール)

あとは数分煮込んでください。

できあがりです。
薯に味がついたらお召し上がりください。


SPのたき火台に12インチダッチオーブンで最強の「いも煮」が出来ました。
やはりこうゆう時はキャンプグッズが頼りになります。

途中雨がぱらぱらと来ましたが、大きな杉の木陰に移動して宴会は続行。
3時間ほどでお開きになりました。
曇天で寒い一日でしたが、おなかはほかほか、皆さん厚着していたので分かりませんが、きっと布袋さんのようになっていたことでしょう。
再会を約して解散しました。

....といっても、また来月、顔を合わせますが...
| 仲間 | 16:30 | comments(0) | - | - | - |