RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
<< 清里 丘の公園オートキャンプ場 | main | 調布の花火 >>
来訪者
土曜日に、昼間自宅に戻ってみたら玄関先のタイルの上でなにやら微妙に動く物がいる。
先日のキャンプではヒキガエルにビックリさせられたので、今度は何だ?と覗いてみると、立派な角をもったオスのカブトムシである。
しばらく眺めていたがいっこうに飛んでいく気配がない。
このままにしておいたら、誰かに踏まれてしまうかもしれない。
それに今日は孫達も来ることだしみせてやろうと捕まえて部屋に持ってきた。

兜虫
ソファの上で取った写真である。

昼過ぎに来た孫達、二人とも女の子で3歳と1歳になるのだが、1歳の子は興味がなさそう。
3歳の子もちょっと手を出しかけたが直ぐに引っ込めてあとは、「カブトムシ?」と言うだけ。
女の子はあまり興味をしめさないってことですかね。
まぁ、おもちゃ替わりにひもでも付けて遊んでいるうち足が取れちゃった、なんてなってもかわいそうだし、それはそれで良しですね。

記念に写真も撮ったし、その後家内が用意したスイカの上に置いていつでも飛んでいけるように二階のベランダに出しておきました。

翌日は調布の花火大会です。
お天気に気をもみましたが10時過ぎに開催決定となり、見事な1万発の花火に酔いしれました。
(お酒にも酔いましたけど...)

翌日の朝、女房の声におきてみてビックリ、なんと飛んでいくどころか、つがいが2組増えて、5匹になっていました!!
5匹の兜虫
花火を見るためにカップルで来たわけでもないと思うのですが、大勢集まったものです。
カブト虫ってつがいで行動するのかしらん。
スイカももらえるし、人のそばなら返って外敵も少なくて安心しているのでしょうか?

ここら辺りは武蔵野の一角なので、昔は小学校そばのハケ(土手)の辺りの木にいっぱいいるので子供達が良く捕りに行ったものですが、最近はそこにも家が建ち木々も少なくなっています。
自宅の前にある神社の森や、道を隔ててつながる凸凹公園の森に棲んでいる兜虫達なんでしょうね。
今日もこのままにしておきますが、ベランダがカブト虫の住処になってもこまるなぁ。

今朝はメスが一匹増えて6匹になっていたそうな。(7/25記)
| つれづれ | 10:31 | comments(2) | - | - | - |
もっと捕まえて露天商でも開いてみます?
佑樹は育てるより捕まえる方が楽しいみたいで世話は夫が励んでいます(^^;;;
| のりちゃん | 2006/07/25 3:09 PM |

そうね〜
子供達の話では、オス同志でケンカをしたり、つがいで交尾をしたりしていたそうだから繁殖でもしてみますかね。

繁殖はやったことが無いのですが、子供の頃、アゲハ蝶の幼虫を飼ったことがあります。
庭の山椒の木にアゲハが卵を産んだので、かえった小さな幼虫を何匹か捕まえてきてカゴに入れ、毎日山椒の葉っぱをやるのです。
さなぎになって蝶になったら放してやるのですが、さなぎから蝶に変身するところが感動ものなのです。
一度だけかえった成虫が蝶とは似つかぬ生物になって驚いたことがありました。
寄生蜂が幼虫に卵を産み付けていたのですね。
今思えばエイリアンが出てきたような驚きでしょうか。
これが自然の摂理なんですね。
| stone | 2006/07/25 4:26 PM |