RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
<< 木島平 | main | 有楽町、読売ホール(3/11) >>
そば打ち(3月10日)
そば打ちはおもしろい。
初めてそばを打ってみたのは、かれこれ7年くらい前、たまたま台所の奥の方からそば粉が出てきたので、どんな物かとインターネットで打ち方を探して打ってみた。
そのときは専用の道具はなにも無かったので適当なボールでこねて作った。
のしは女房がケーキを作るときの道具を借りてやった。
結果は、「そば切り」にならずに、5cm位の切れ切れのそばになったが、それでも意外においしかった。

その後コネ鉢や包丁、のし台などを買い足して、今は一応道具だけは揃っている。

年数はそれなりに経ったが、打った回数は10回に満たないので、まだまだだが、一度仲間達に食べさせようと先日の土曜日に仲間を呼んで打ってみた。

仲間は、仕事仲間で、ほぼ同世代の男どもなので、気は良いのだが口の悪い連中である。
「そば」だけ食わせて返すわけにも行かないので他に酒やそれなりの物を用意しておいた。

今回のそば粉は、高山製粉 の「蓼科」という粉を使った。
最近はここの粉を使うことが多い。
水を入れたときにふわーっと薫ってくるそばの香りがとても良い香りがして、このにおいを嗅ぐだけでもそば打ちの楽しみと言えるかもしれない。

水回し
この段階を水回しと言います。
指先をたてて粉に均一に水分を含ませる作業です。
そばの香りが薫ってきます。

のし
練りの段階の写真は恥ずかしくて載せられないのでありませんが、ここでのしています。
この後四角に延ばしていくのが上級者なのですが、うまくいきません。
のし板は大工道具センターで買ってきたシナベニヤです。
のし棒も買ってまもなく曲がってきてしまったので少し反っています。
曲がっていないまっすぐな奴が欲しい今日この頃です。

そば切り
そばを切っています。
包丁の持ち方が今一ですね。
本当は柄をぐちっと握っちゃいけないんだよね。

仲間達も、他に用意した酒肴が良かったのか、結構褒めてくれた。
夕方から、夜の10時頃まで、そばを打ち、飲んで、食って、笑った一日だった。

写真は仲間の一人が撮ってくれたものである。
| 仲間 | 10:55 | comments(0) | - | - | - |