RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
<< そば打ち(3月10日) | main | 奥多摩 錦秋 >>
有楽町、読売ホール(3/11)
日曜日は、女房とお約束のデート。
「有楽町で会いましょう」である(笑)

読売ホールで落語を聞いてきた。
6代目「柳家小さん」って知ってます?
5代目はあの丸っこい顔の「小さん」師匠ですがちょっと前に亡くなっていてその息子が跡目をついで6代目だそうです。

落語ってーと、話の始めにその日の御題と関係あるんだかないんだかわからないような話題から入っていって...というのが筋ってーもんですが、
この日は、その6代目を聴衆がよくわかっていないということから話を起こして来ました。

落語家の話を書き込むのは恐縮で、精密さを欠くのはご勘弁頂いてその筋立てをちょっとご紹介すると、

5代目の「小さん」は、永谷園のCMでもおなじみ云々....
そこへ行くってーと今の「小さん」が出てくると、まずステージ横の名前を書いた紙(何とかと言ってました)を見て、次に本人の顔をみて、おもむろに手に持ったプログラムに目を落とす、また、横の紙、顔、プログラムと3角形に顔を動かすんですね〜

なんてちょっと自虐的に話し始めたのに聴衆はおお笑いするという筋立てでした。
この6代目、5代目の息子なんだそうです。
ホントに知らなかった〜

本題は時節柄、「長屋の花見」で春の花見のくまさん、八さんの毎度ばかばかしいお話で笑いました。

5月は、桂文珍です。
| ライブ | 17:54 | comments(2) | - | - | - |
コメント域に業務連絡?ですみません。
リンクさせて頂きました。
| sabaai | 2007/03/27 9:25 AM |

リンクありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
| stone | 2007/03/27 9:46 AM |