RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
八ヶ岳/小梨の花
今週の火曜日に野辺山に行ってきた。
出かけるときは曇り空だったが、笹子トンネルを抜けると甲府盆地は晴れ。
午前中はきれいに晴れて八ヶ岳もくっきりとした姿を見せていたのでカメラに納めたかったが、仕事を前にしてはそんな余裕もなく、一仕事終わらせて帰るころにはすっかりガスが出てきて山は見えなくなっていた。
せっかく手に入れたばかりの一眼デジカメ、撮る物があればと思って持ってきたので一枚も撮らずでは帰れない。
そんな二枚である。

ガスの八ヶ岳
野辺山駅から小淵沢方面に向かう小海線沿いの道からみた八ヶ岳方面である。
八ヶ岳は雲に隠れてみえません。
茂みの更に向こう側をR141が走っているのだがその気配は感じられない。
茂みの中で白くふわーっと咲いているのは「小梨」の花です。
今日の野辺山は、あちこちにこの花が咲いていてとてもきれいでした。

小梨の花
近寄って撮った小梨の花です。
調べてみたらつぼみの時は赤い色をしているのだそうです。
上高地に「コナシダイラ」って地名があったけれど、さぞ小梨の木がいっぱいに生えて今の季節きれいだろうなって想像してます。

木々の緑も若々しく、畑の作物もまだ生え始めたばかりのようでみずみずしい色をしていましたし、林のなかからはカッコウの鳴き声も聞こえてきて、しばしのリフレッシュが出来ました。
| つれづれ | 17:51 | comments(0) | - | - | - |
ナルニア国物語
昨日、ちょっと衣装ダンスの中の冬の国に行ってきました。
そう言えば、子供の頃、兄弟でかくれんぼをしたときに父親の洋服ダンスの中に隠れたことを思い出しました。
扉を閉めて、中のパイプにぶら下がったそのつぎの瞬間、背広やネクタイの洪水のなかでもがいていた自分がいました。
洋服ダンスのパイプは小学校3年生の男の子の体重には耐えられなかったようです。
あの時のモゴモゴした感触をぬけると、そこは冬の森が広がっていました。
映画の中の子供達が洋服ダンスの中を抜けていくときのシーンは全く子供の頃の自分の感覚と一緒でした。
その後の展開は、彼らは、ライオンと共に否応もなく魔女との戦いに巻き込まれていき、自分と言えば、魔女のようなママゴンにきついお灸を据えられたのでした。

ナルニア国
昨年の今頃、府中のシネコンがオープンして、夫婦割引やらシニア割引などお客を引きつけるサービスを展開している。
一つのスクリーンは、それほど大きくはないが、いくつものスクリーンがあって別々の映画を上映しているので、観客は好みの映画を選ぶことが出来るというのが良い。
私も最近はあまり映画館に行くことはなかったが、子供達に誘われて昨年の秋に「ハリーポッター」をみてからは、「3丁目の夕日」「有頂天ホテル」などこれで4回目です。
映画の最初に流れる予告編に参ってます。
今度は、「プロデューサーズ」かな?
行くときは家族みんなで、80歳になる母(あの時のママゴン)も連れて行くのですが、今朝のご飯のことも忘れてしまう母親も、映画のことは何ヶ月たっても覚えています。
インパクトが強いんですね。
家では、地上波デジタルにサブウーファーと別置きスピーカでかなり良い視聴環境を確保しているつもりですが、大画面と大音響は、やはり家庭では味わえない臨場感に惹かれている昨今です。
| つれづれ | 11:06 | comments(0) | - | - | - |
年越しそば打ち
今年はひさしぶりに、年越しそばを手打ちで決めよう。
今週の初めに、ネットでそば粉を注文した。

30日に届いたそば粉
昨日ヤマトで届いたそば粉をあける。
信州そばの「蓼科」である。
石臼でゆっくり挽いた風味のある新そば粉である。
以前打った残りの粉もあるのだが、だいぶ時間が経っているのでここは新そば粉を購入した。
古い粉は、そばがきにでもしていただこう。

水回し
素人は、基本の二八そば(つなぎ二割のそば)で行きます。
まずは水回し。
新そばの良い香りがしてきます。

まとめる
まとめて

延ばす
延ばして、延ばして

延ばす2
のし台がちょっと小さいので、一回で延ばせるのは250グラムぐらいの粉が限度です。
今度はもう少し大きい板にしようか。

切り
コマを当てて切ります。
今回は、ヒビも入らず、長いそばができそうだ。

できあがり
隣町に住んでいる弟を呼んで、お裾分けをしました。
前回が、そばにならず、ブチブチに切れてしまったので名誉挽回だ。

バットに入れて
これは我が家の分。
やはり、せいろそばがうまい。

創味のつゆ
そばのつゆまでは手が回らないので、出来合のそばつゆだが、京都の創味社製のつゆの元(業務用)だ。
府中の卸売り市場で入手。

末娘曰く、「おとうさん凄いよ、切れてないよ!」
そばはやっぱり長くなくちゃね〜

テレビは紅白をやっている。
子供達が、「お父さんはアリスって知ってる?」って聞いてきた。
「そりゃまぁ知ってるさ。」と答えておく。

今年の年末も我が家は平和に暮れていく。
世の中のいろいろな出来事の具合の悪い所だけは我が身に降りかからないでと願いつつ...

この拙ブログをご覧頂いている皆さん、ありがとうございます。
少しの人でも見ていてくれるなら、来年もまたがんばりますのでよろしくお願いします。
あと40分足らずで新年ですが、皆様が良い年を迎えられますようお祈り申し上げます。
| つれづれ | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
うまいラーメン
土曜日のお昼に、このあたりでうまいラーメンを食わせると定評のある店へ行ってきた。
同じ市内の国領という町のラーメン屋である。
国領駅は駅の数にして3駅ほど新宿よりの町である。
子供たちと3人で車で出かけたのだが、店を探すまでもなく再開発の終わった駅前のよく分かる所に行列が出来ていた。
偶然にも店の中には、顔見知りのKさんもいたし、行列のなかでは先輩のWさん夫妻とも挨拶を交わした。
「世の中狭い」と言ってしまえばそれまでだが、人口20万の街でこんなことがあるのだろうか?
学校行事で行かなかった女房の話では、知りあいに、夫が国領へラーメンを食べに行った話をしただけで、店の名前を当てられたとも言っていた。
そんなかなり知られたラーメン屋だそうである。

娘はチャーシュー麺、息子は塩の大盛り、私は醤油ラーメンを注文した。
チャーシューはどんぶりの3分の1をしめる位の大きさで、大盛りは、若者向きの相当なボリューム、醤油ラーメンにしても小振りだが十分な枚数の焼き豚が入っていて麺も歯ごたえのある中細のすんなりした麺でおいしかった。

このお店は、ラーメン好きの友人から醤油ラーメンのおいしい店と聞いて来てみたのだが、私からすれば、ちょっと期待外れ、おいしいには間違いないのだが、2度目も来るかと言えばそうともいえない。
「あ〜おいしかった。ごちそうさま」で終わり。
失礼な言い方だが一度食べればそれで十分という感じであった。
店の人になんの落ち度もないし、雰囲気も悪くない、味もおいしい、しかしリピートで来るには何かが足りないのである。

調布の駅前に古くからのラーメン屋がある。
正確には「萬来軒」という名前の「中華そば屋」である。
初めて行ったのは中学の頃だから、今から40年以上も前から同じ場所、同じ名前でやっている。
多分経営者はそのころからは代替わりしていると思うが、今は、おばさん(おかあさん?)と息子さんの二人でやっているらしい、その狭い店の床は多少リメークした気配があるが作りは全く当時のままである。
当時、壁には、映画俳優のカレンダが所狭しと飾られていて、中華そば屋の雰囲気には写真だけがあまりにもかけ離れた華やかさで「変?」と思っていたのは私だけではあるまい。
今思えば、調布は撮影所の街だったのである。
のれんのかかった狭くて低い入り口は、身長の低い私でも頭を下げなければ入ることができない。
そばの名前も「しなそば」とか「カレーそば」という昔ながらのネーミング、以前タウン誌の「ぴあ」でおいしいと紹介されたこともあったと聞くが、それから既に10年以上も経っている。

そんな、今風の派手さのない、普通の中華そば屋さんだが、これまでにも何年もおいて、新宿からの電車での帰り道、ふっと思い立って一駅前に降りて食べに寄ったことが何度もある。
その度に、どこか変わっているはずなのだが、変わらない味が懐かしくてうれしかった。
あまり愛想の良くない、ギロっとした目のおばさんはすっかりおばあさんになり、お兄さんはおじさんになっていたが、味は変わらないのである。
むしろ懐かしさがこみ上げてくる味だ。
昔ながらのあの店には、ここ2〜3年行っていないが、あの味はどうなっているだろうか?
楽しみと不安を織り交ぜながらまた行ってみたいと思っているお店である。
| つれづれ | 20:51 | comments(5) | - | - | - |
近所のおまつり
今日は隣町の自治会のお祭り。
毎年老人の日あたりに開催される。
開催場所の神社は目の前にある。
昔はここのお祭りは、商店街の希望でちょっと離れた駅のそばでやっていた。
ここ数年は、地域のボスの肝いりでちょっと商店街からはなれたこの神社で開催されるようになった。
お祭りの開催地のように人の集まるところが商店街の近くのお寺の境内から多生遠くても神社の境内に移るのは、宗教に寛容といわれる日本にあっても当然でしょうという気がする。

うちのカミさんは、青少対の関係で自治会が違うこともものともせずにお手伝いに行っている。
今年は青少対で3000本の焼き鳥を焼くそうだ。
去年は一本50円ということで、晩ご飯のおかずとして買いに来た主婦もいたらしい。
今年はどうするか聞いていなかったが、材料費だけでも元がとれれば人件費は無視してやっているとのこと。
要はボランティアで皆で集まってわいわいやる事を楽しんでいるみたいだ。
私もお相伴に預かって、先ほど女房が届けてくれた、焼き鳥とビールで乾杯している。
秋の初めのよく晴れたお祭り日よりの日曜日である。
| つれづれ | 14:44 | comments(1) | - | - | - |
HPの立ち上げ
こんどこのブログと共にHPを立ち上げました。
まだ、バナー類も作っていないし、文字飾りもせいぜい太字程度しか使っていないので、シンプルなものです。
フレームは使わず、ページ毎にリンクの表を用意して各ページにリンクしています。
最初なのでこの程度で良しとしたいと思います。
そのうち良い素材ができたら少しづつ改良していきたいと思っています。
ここへ来られた方がいれば感想をお聞かせ頂ければありがたいと思っております。


| つれづれ | 18:31 | comments(4) | - | - | - |
ブログを始めました。
こんど、新しいページを立ち上げるにあたり、ブログもやってみることにしました。
使用するレンタルサーバーのサービスで、このようにいとも簡単にブログは立ち上がりました。

でも、トラックバックって何?

RSSって?

pingはわかるけど、どうして?

謎ばかりです。


BBSとどう違うのでしょうか?
まぁやっている内にわかってくるでしょう。
ここに来てこの記事を読む方がいたらヒントを教えてください。
| つれづれ | 23:01 | comments(0) | - | - | - |