RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

CampField 焚き火で乾杯

のんびり、ゆっくりキャンプに行こう。
伊豆の温泉つき貸別荘
今年も、もう11月中旬、早いものです。
この頃になると我が家は親類を誘って伊豆でBBQを行ってます。
今回、ここは3回目になります。
淵源をたどるとオヤジが調布に居をかまえてから毎年夏にやることになったガーデンBBQだから、もう50年近くの長きにわたってほぼ毎年やっていることになります。
16、7年ほど前にBBQのできる自宅の庭がなくなってからは、多摩川の河原でやったり道志川や秋川と場所を変えてやってきました。
近所の多摩川は近くてよかったのですが、そのうち同じ時期に他の大勢の人たちが来るようになって、BBQ禁止の看板が立つようになってしまいました。
12年前にオヤジが亡くなった年は流石にやりませんでしたが、翌年からはやっぱりやってましたね。
あの頃高校生だった従兄弟はすでに定年退職して田舎(浜松)に帰り悠々自適です。
今回、彼は奥さんと近くに住んでいる叔母さんを連れて車でやってきました。

城ヶ崎その1
目的地「伊豆高原駅」手前の城ヶ崎で岬を見てきました。
吊り橋に行く途中に水面まで数十メートルはあろうかという縦穴がありました。
孔をのぞき込むとちょっと恐怖が走ります。

城ヶ崎その2
映画(東映)の始まり、始まり〜(笑)

城ヶ崎その4
なんの変哲もない吊り橋です。
こういう観光のための施設って、なんだか味がありません。

城ヶ崎その5
到着した貸別荘のベランダからみえる古木です。

ベランダ
BBQ会場になります。

ベランダその2
この炉を使ってBBQです。

岩風呂
全体が崖に建てられた家ですので、一階と言うのか、地下というのかわかりませんが、最下階には岩風呂とサウナがあります。
岩風呂は源泉掛け流しの温泉です。
到着したら直ぐに湯栓をあけてお風呂を満たします。

UNO
子ども達はUNOで遊んでます。
上は二十歳前後の子ども達から下は幼稚園の子ども達まで集まって来ました。

BBQ
食材を焼始めました。
今回は2週間ほど前にNHKの「試してガッテン」でやっていた炭の使い方を試してみます。
使う炭の半分位を前日からバケツの水に浸しておいて、乾いた炭で火を興し、火がかんかんになった所で水に浸した炭をその火の上に置いていきます。
それからおもむろに肉を焼き始めるのですが、とってもジューシーなBBQができあがりました。
この真ん中のビーフは切り口がローストビーフのような色合いでした。
焼番のみなさんありがとうございました。

そばうち
厨房のほうではそば打ちをやってます。
今回はそば8に対して割り粉2の二八そばを625グラムづつ2回打ちます。
一人あたりになおすと半人前ぐらいにしかなりませんが、最後の締めに食べて頂くということで、勘弁してもらいます。
新そばの良い香りがしてきます。

宴会
宴たけなわです。

今回集まったのは私の家族や弟の家族のほかは、親父の妹つまり叔母さんが二人、従兄弟が三人、従兄弟の子供と孫、下は幼稚園の子から82歳の母までバラエティに富んでます。
総勢22名でした。
子供同士だとどういう関係か本人達はわかっていませんが、なんか楽しそうにわいわいやっています。
大人は大人で昔話に花を咲かせてます。
毎年おんなじような話なんですが、あきませんね。

伊豆の温泉つき貸し別荘は食材は持ち込みですが、部屋数が多く、30人くらいが泊まれるので、まとまって食事ができ便利に使ってます。
従兄弟達は皆男達ばかりでなかなか厨房に入ってこれませんが、奥さん達がみんなで分担して食事の支度などしてくれて感謝しています。

今年はあいにくの雨模様になってしまいましたが、男達が軒下で火を焚いて肉を焼き、広間で宴会です。
ここ数年は我々も歳をとったということで刺身も食べたりしますが、BBQということで集まってくるのでお肉は欠かせません。
今年のシメは私がそばを打って鴨南蛮でした。

あとは温泉に入ってのんびりです。

我が家ではこのBBQのことを「親類BBQ」と呼んでます。
メーリングリストも作って毎年春先頃から計画して連絡を取り合いやっています。

伊豆の温泉つき貸し別荘はこちら
http://www.aco.co.jp/rakutei/

| つれづれ | 10:26 | comments(0) | - | - | - |
野辺山の紅葉
仕事で出かけた野辺山で、少し時間が空いたので野辺山スキー場の入り口に来ました。
今年から野辺山スキー場は閉鎖だそうです。
入り口のゲートの所で寂しげに映えていた紅葉を撮ってきました。
赤から黄色のグラデーションがすてきです。
紅葉

2008/11/27 アップ

| - | 16:53 | comments(0) | - | - | - |
八ヶ岳ウッドペッカー
久々のキャンプです。
赤松林の中にこぢんまりとした気持ちの良いキャンプ場があります。
オウナー手作りの、(こだわりの)キャンプ場です。
私の友人が、昔通った所で今回10年ぶりくらいにキャンプをするというので押し掛けました。
http://www.woodpecker-cs.com/

サイト1
サイトは狭いのでシェルを張っただけで一杯になってしまい、キッチンがはみ出してしまいました。

サニタリー
清潔なサニタリです。
オウナー手作りと聞いてびっくりです。
ノウゼンカズラが咲いています。

サイト2
道の方から撮るとこんな感じです。
おとなりさんも偶然同じシェルでした。
背中合わせになっています。

丸とり
今夜の食事は丸トリです。
これを斜め後ろあたりにテントを張っている友人のところに持って行って宴会です。
実は彼もSPのリビングシェルで来ています。
これまではいつもここの常設テントで来ていたそうなので、初張りなのですが、さすが年の功ですね。
うまく張っています。

リュウの巣
翌日お風呂に行った帰りに見た入道雲。
子ども達が「龍の巣」があるというので見てみると凄い入道雲でした。
宮崎駿の「天空の城ラピユタ」に出てくるあれを連想したんですね。

チロ
今回はペットも一緒です。
もう15歳になります。

2008/11/27 アップ
| キャンプ/焚き火 | 16:20 | comments(0) | - | - | - |
すいれん
ベランダ栽培の睡蓮が一輪だけ咲きました。

睡蓮その1

睡蓮その2

2枚ともなんかピントが甘い気がして気に入っている写真ではないのですがまぁ記録ということで。

2008/11/27 アップ


| つれづれ | 15:51 | comments(0) | - | - | - |
尾瀬散歩
15日の日曜日、日帰りで尾瀬を歩いてきました。
(あ、これは京王観光の「日帰りお手軽ハイキング、尾瀬」でした。)
尾瀬をご存じの方ならお分かりでしょうが、鳩待ち峠から山の鼻、牛首分岐までのほんのさわりだけのコースです。
現地滞在時間はわずか4時間ですから、仕方がありません。
でも梅雨の季節というのに雲一つ無い快晴で、高原のそよ風が気持ちの良い素晴らしい天気に恵まれました。
水芭蕉の季節としてはもう盛りは過ぎていましたが、まだまだ咲いていましたよ。

至仏山
鳩待峠から下りにみた至仏山です。

水芭蕉その1
水芭蕉は盛りを過ぎていましたがまだまだ咲いています。

逆さ燧岳
もう少し風がなければきれいな逆さ燧が見られます。

水芭蕉その2
水芭蕉の群落です。

燧岳と木道
木道を通って燧岳に向かいます。
我々は今日は日帰りなので、途中で引き返しました。

帰りに見た至仏山
帰り道では至仏山がよくみえます。

次回は、せめて一泊で来たいねと話し合って帰りのバスに乗り込んだ私たちでしたが、実はその行程中、陰で重大な事態が進行していたのです。
その事件はまた後ほど機会があれば...

2008/11/27 アップ
| つれづれ | 15:40 | comments(0) | - | - | - |